キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 特殊清掃のご近所への配慮 : 特殊清掃の作法

特殊清掃のご近所への配慮

特殊清掃の作法

特殊清掃をする場合、既にご近所に迷惑をかけている状態ですから、作業中にご近所へ配慮してくれるかを見極めることが重要です。
特殊清掃の作法mainimage
特殊清掃のご近所への配慮

特殊清掃をするとなると、遺族としては気が動転していることで、あまり周りのことに気を配る余裕もないかもしれません。

優良な特殊清掃業者であれば、ご近所への配慮もきちんとしてくれます。

特殊清掃業とは【事件、自殺、孤独死等の現場の清掃業務】することです。

特に以下の作業について、気をつけて作業を進めてくれるかということは確認してみましょう。

●特殊清掃業者が入る現場のほとんどで、異臭があり、この異臭が拡がらない様に配慮して作業をしていく必要があります。

特にマンションやアパートなどの集合住宅の場合、廊下や階段など共有するスペースに異臭が漏れていかない様に注意して作業してくれるか。

●特殊清掃をする場合、部屋の中にある物を外へ搬出することになります。

その際に共有スペースに置かなくてはならない場合に、異臭や感染症の問題がない様に消臭、除菌の上、できるだけ共有スペースの荷物の放置を長引かせない様に作業をするか。

●特殊清掃において、消臭作業が必要になることがほとんどです。

この消臭作業には特殊な薬品を使用するので、壁紙などを通して、隣の家の壁に影響を及ぼしてしまう場合もあります。

周りの状況もしっかり把握して問題のないように作業をするか。

●特殊清掃の場合は、一般の清掃とは違うのでもしもやり残しや見落としがあった場合に、自分たちではできないので困ってしまいます。

見落とし、やり直しがないか、万が一あった場合に迅速に対応してくれるか。

特殊清掃をする場合、やはり特殊なケースだけにご近所にも既に迷惑をかけている状態です。

特殊清掃業者が清掃中にご近所へきちんと配慮してくれるかどうかということを見極めることが重要です。

特殊清掃の作法
(C) www.ford-club.net. All Rights Reserved.