キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 特殊清掃業者が請け負うサービス : 特殊清掃の作法

特殊清掃業者が請け負うサービス

特殊清掃の作法

特殊清掃業者では、特殊清掃、除菌作業、消臭作業、遺品整理、合同供養、不用品処分、リフォームの手配、リサイクルなどで、現場の原状回復をしていきます。
特殊清掃の作法mainimage
特殊清掃業者が請け負うサービス

特殊清掃業者では、孤独死、自殺、事件、事故、病死など遺体のあった現場などを清掃することができます。

特殊清掃、除菌作業、消臭作業、遺品整理、合同供養、不用品処分、リフォームの手配、リサイクルなどで、現場の原状回復をしていきます。

発見の遅れた遺体があった場合、腐敗臭が強く放たれていて特殊な器械による消臭作業が必要になります。

腐敗臭は周りに住んでいる方にも迷惑をかけてしまうので、24時間すぐにでも作業を請け負ってくれる特殊清掃業者もあります。

消臭作業は特殊な器械を必要とするので、一般の脱臭剤や消臭剤では臭いを消すことができません。

消臭作業をする際には、同時に除菌作業をする場合もあります。

遺体の死因が病死であった場合など、感染症の菌が部屋に残っている場合もあるので、清掃を始める前に除菌作業をします。

家具など遺品についても除菌をして処分することになります。

特殊清掃が終わると、部屋にあった遺品を仕分けして梱包します。

遺品は貴重品や不用品の仕分けなどを遺族に確認しながらしていきます。

形見分けの各種配送、自動車やバイクなどの廃車手続なども任せることができます。

例:廃車手続きhttp://annai-center.com/haisya/syorui.php

遺品の中に、お仏壇や人形など、そのまま処分するのは忍びないと思われる様な物があった場合は、処分の前に合同供養としてきちんと供養をしてもらうことができます。

遺品整理が終わり、最終的に不用となった物に関しては、適正な方法で処分することになります。

特殊清掃の作法
(C) www.ford-club.net. All Rights Reserved.